ドラマウソ婚|菊池風磨と長濱ねるのキスシーンはある?原作あらすじを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
ドラマウソ婚|菊池風磨と長濱ねるのキスシーンはある?原作あらすじを紹介

2023年7月、菊池風磨さん&長濱ねる主演で、カンテレ・フジテレビ系列の火ドラ★イレブン枠(夜11時)でドラマ「ウソ婚」が放送されます。
原作漫画のあらすじ紹介を踏まえつつ、気になる菊池風磨さんと長濱ねるさんのキスシーンがあるのかどうか!?を検証していきたいと思います。

目次

ドラマウソ婚で菊池風磨と長濱ねるのキスシーンはある?

最近毎クールドラマに出演している菊池風磨さん。ファンとしては嬉しいけれど、恋愛漫画が原作となると、女優さんとのキスシーンやラブシーンはあるの!?というところがとても心配ですね。

ドラマ「ウソ婚」で菊池風磨さんと長濱ねるさんのキスシーンがあるのかどうか、という疑問ですが、ズバリ結論から言うとキスシーンはあります

ウソ婚の原作ではキスシーンあり

ストーリーは、主人公の派遣OL・八重(長濱ねる)がひょんな事から職なし家なしになってしまい困っているところに、幼なじみの匠(菊池風磨)と再会するところから始まります。(漫画では女の子の方が主人公ですが、ドラマでは菊池風磨さんが主演となっています。)

匠は超ハイスペックのモテ男でドSで俺様。あまりにモテすぎるので、女よけのために八重に「嘘の妻を演じてほしい」と依頼し2人は一緒に住むことに…というドキドキ、キュンキュンの大人のラブストーリーです。

原作でかなり頻繁にキスをしているので、これはストーリー上削ることはできないと思います

ドラマウソ婚はキスシーン以上?

原作ではキスどころか、もう少し刺激的なシーンも多々あるので、菊池風磨さんのガチ恋のファンにとっては見るのが複雑かもしれません。しかし、菊池風磨さんはとても良い体をしていて、セクシーさが魅力ですよね。超絶モテてクールでドSで俺様系で、グイグイ女の子に迫ってくる役がとても似合うと思います。

ですから、私のように一般層のファンとしては、この役を菊池風磨さんでぜひ見てみたい!ととても楽しみです。

キスシーンはおそらく1話からあります。そして1話につき1度はあると思います

ドラマの放送時間が深夜帯であることを考えると、原作に忠実に際どいシーンもやるのではないかと思います。ファンの方は心してご覧ください。

試し読みができます

ウソ婚の原作あらすじを紹介

「ウソ婚」の原作は、時名きういさんによるWeb漫画作品。姉フレンド(講談社)にて2017年から連載が開始され、現在も連載中です。

主人公の八重は友人とルームシェアをしていましたが、友人が結婚することになり1人では家賃を払うのが大変になってしまいます。とりあえず仕事をがんばろうと決意した矢先に、派遣として働いていた職場に、「社員だけで回せるようになった」と急にシフトに入れてもらえなくなり、突如住むところと職を失うことになってしまいます。

さらに道で転んで途方に暮れていたところ、偶然幼なじみのたっくんこと、匠と再会します。匠は地元の同級生の中では一番の出世頭。一級建築士の資格を持ち、自分の事務所を構えています。

ルックスも良い匠は女の子にモテモテ。最近では女に言い寄られることが面倒くさくなり、女よけのために、八重を自宅に住まわせて生活費を出してあげる代わりに、”嘘の妻”を演じて欲しいと条件を出します。(ドラマでは半年限定の婚姻関係を依頼する、という設定が追加されているようです)

連れて行かれたのは、超高級タワマンの広い部屋。

そして、早速お仕事が。

忘れ物を取りに来たという女性ですが、忘れ物よりも匠に会うことが本来の目的なので、部屋の中まで押しかけてきます。それを予想していた匠は、ソファーの上に寝転がり、八重に自分の上に乗せ抱きつかせ、イチャイチャしているところを見せつけ女性を追い払いました。

すると突然匠が「したい」といって、八重に迫ってきて…。

実は、「女よけ」というのは口実で、匠にとって八重は初恋の人だったのです…!

と、王道なドS、俺様、ハイスペック男子になぜか地味女子がグイグイ言い寄られるというお話ですね。主人公の女の子のほうに弱みがあって、一緒に住むことを余儀なくされるというワケあり設定もかなりありがちですが、私はこういう王道ベタストーリーが大好きなので、ドキドキしながら楽しく見れそうだなと思っています。

菊池風磨さんが匠の見た目に似ているというわけではないのですが、菊池風磨さんのクールで俺様な雰囲気や、ちょっと何を考えているのか分からない感じなど、とても雰囲気が合っていると思いますよ。

漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥7,150 (2023/09/24 19:12時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

前クールでは菊池風磨さんは倉科カナさんと「隣の男はよく食べる」のドラマに出演していました。こちらも原作は漫画で、かなりイチャイチャシーンが多かったですよね。菊池風磨さんはこういった路線がとてもよく似合い、需要もあると思うので、今回の役もぴったりかなと思います。

ヒロイン役の長濱ねるさんは、元欅坂46のメンバーで、元アイドルとのラブシーンには抵抗があるファンも多いかと思いますが、どんな作品に仕上がるのか、ドキドキしながら見届けましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次